読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スヤマタクジの社会ブログ

社会・人生・仕事がテーマの動画解説付きブログ

大人になりきれない『未中年』に悩むあなたへ

f:id:suyamatakuji:20170425101931p:plain

『未中年』というタイトルが自分に当てはまると思って読んでみたスヤマタクジです。
今回は『未中年~四十路から先、思い描いたことがなかったもので。~』の読書感想・考察を。

動画解説:大人になりきれない『未中年』のあなたへ(約7分)

未中年~四十路から先、思い描いたことがなかったもので。~を読んで

f:id:suyamatakuji:20170425102246j:plain

『未中年~四十路から先、思い描いたことがなかったもので。~』は、原作:ジェーン・スーさん、漫画:ナナトエリさんの

漫画形式で大人になりきれない40歳女性の悩みを描いた自己啓発本

年代的に近いので読んでみましたが、

主人公が女性・会社員・既婚者とすべて僕と真逆だったためかイマイチ共感できませんでした(笑)

が、その中でもいくつか共感できる部分があったので、

そこを中心に『未中年~四十路から先、思い描いたことがなかったもので。~』の読書感想文&考察を書いていきたいと思います。

 

体は大人、でも心は未成熟

男はいくつになっても少年の心を忘れないもの

とよく言われるように、僕を含めて中身が子供が男性はけっこう多いものw

逆に男性と比べると精神的に落ち着いていると言われる女性でも、

実は大人になりきれない人が多いようで。

容れものだけが経年して、中身は未熟なところがまだら模様に残っている。

この本のタイトルにもなっている『未中年』とはこういった状態を指しているようです。

ただ、この本では自分が子供の頃は周りの大人はみんな成熟していた

けど、大人になった自分は全然そんな風に成熟していないと書かれていましたが、(後のページでそんな風にみんな装っていただけかもと追加されますが)

僕の周りは子供っぽい大人が多かったので全然そんな印象がないのですよね~

逆に大人だからしっかりしているとか成熟しているというのは幻想で、

不完全だからこそおもしろいと思うのですがいかがでしょうか?

 

言いたいことを言わない人は人から信用されない

これについては共感したというよりはなるほど!と思ったことですね。

大人の人間関係では「大切」と「信用」が密接な関係にあること。
居るだけで大切にされることの多い子どもと違い、仕事でもプライベートでも、大人は信用できる相手を大切にする。

たしかにこれはあるな~と。

考えてみれば、家族を大切にするのも信用が大きいのかなと思います。

家族であれば裏切らないだろうという信用があるからこそ、他の人間関係以上に大切にする人が多いのかなと。

血の繋がりとか言う人もいますが、そもそも夫婦だと血は繋がっていないですし血の繋がりが絶対ではないことは家族間の事件などを見れば一目瞭然ですしね。

そして、『おおー!』と思ったのはこれ。

「言いたいことが言えない」という人がいる。
理由は様々だし、私もそういう時はある。
しかし、「言いたいことが言えない」を突き詰めていくと、「どうせなにを言ってもこの人は理解しない」という相手への不信と、「私なんかの言うことが通るわけがない」という自分自身への不信に辿り着いてしまう。

たしかにこれもあるなと。

言いたいことを言わない人って信頼できないのですよね。

何を考えているか分からないというか。
よって、大切にするどころか自然と疎遠になってしまう。

ただ、言いたいことが言えない理由としてもう一つ『怖い』というのもあると思います。

特に男性は女性と比べると上下関係が厳しいですからね~(汗)

分かりやすく言えば、ヤンキーに対して一般生徒が何か言われても言いたいことなんて言えません。

この辺、女性は男女含めて周りの上下関係が緩いからいいよな~ってときどき思っています(笑)

 

自己評価が低くていいことなんて一つもない

これは一番共感したこと。

私なんかができるわけがない

自分は才能がないからどうせ失敗する

とか、こんなこと言っていても仕方ないじゃん!と。

このブログでも書きましたが、一部の天才を除き才能なんて誤差の範囲なのですから。

成功するかしないかは結局どれだけ行動したかにかかってるんですよ。

>>大抵の場合、才能なんて誤差の範囲の記事を見る

自己評価が低くていいことなんて一つもなし!

が、今低い人が簡単に上げられるものでもないのがはがゆいところ。

自分の頑張りと他人からの認知のふたつが必要だと気付いたのは、中年になってから。
あーあ、もっと若い時に、学校で教えて欲しかったなぁ。

とこの本でも書いていますが、

自己評価を上げるにはまずは自分の頑張り、そしてその後に他人からの認知が必要

になってくる。

ただ、自分のがんばりを認めてくれる人が周りにいない場合、後者の他人から認知してもらうことがグッと難しくなるのですよね。

そこでおすすめなのがブログとYouTubeなどの動画。

どちらも無料で利用でき、さらに発信力が圧倒的に高いのがおすすめの理由です。

有名ブロガーやユーチューバーはもちろん、そうじゃなくてもコツコツと発信していると存在感が高まり認知されるようになります。

>>ブログで自己発信・ビジネスを作ることもできる記事を見る

>>孤独が辛いなら動画で解決するかもよの記事を見る

また、本にも書いている通り、こういった大事なことをもっと学校で教えんかい!と言いたいですね。

 

未中年~四十路から先、思い描いたことがなかったもので。の読書感想文・考察まとめ

未中年は大人になりきれない悩みを抱えている大人(特に女性)のヒントとなる本

以上、未中年~四十路から先、思い描いたことがなかったもので。の読書感想文・考察でした。