読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スヤマタクジの社会ブログ

社会・人生・仕事がテーマの動画付きブログ

貧乏嫌なら仕事をがんばろう!…ではダメ

f:id:suyamatakuji:20170313100412p:plain

貧乏は嫌だけどガッツリ働きたくもないスヤマタクジです。
今回はそんな僕でも実践できる貧乏脱出方法を。

動画解説:貧乏嫌なら仕事をがんばろう!…ではダメ(約4分)

仕事をがんばるだけでは貧乏は脱出できない

日本では地道にコツコツがんばれば必ず報われる

なんて考えがありますがそれは間違い。

どんなにがんばってもその頑張り方が間違っていたら成果なんて出ないからです。

例えば、ブラック企業に勤めるなどがその典型ですね。

僕も会社員時代はブラック企業に勤めていましたが、残業当たり前・休日出勤当たり前の状態でも月に20万円も稼げませんでしたから(職場は東京で)

東京で月20万円ではなかなか貧乏生活。
しかも、残業手当も休日手当も一切出ないので仕事をがんばったところで報われることはありません。

>>残業当たり前の労働環境は異常の記事を見る

 

仕事をがんばる前に仕事選びをがんばる

まずはここからですね。

がんばっても報われない仕事をいくら頑張ったところで貧乏なままですから。

仕事をがんばる前にまずは仕事選びから頑張らないといけないのです。

仕事の選び方も単純に給料だけで選んじゃダメですよ。
金銭面で比較するなら年収だけでなく生産性も比較しないと。

残業当たり前で年収400万円よりも残業なしで年収300万円の方が生産性が高い。

空いた時間効率的に利用すれば、100万円の差なんてすぐに埋められますから。

また、仕事を金銭面だけで選ぶのもNG。
嫌々仕事をするより楽しく仕事する方が精神的に良いのはもちろん、将来的には金銭面でも差が付くから。

仕事を楽しめるかどうかで成長率はグンと変わります。

>>好きなことを仕事にした方がお得な理由を見る

 

仕事を選ぶ余裕がない場合

貧乏で金銭的に余裕がない、または自分を取ってくれる会社は限られている。

こんな風に仕事を選ぶ余裕がないときは

会社員にこだわる必要なし

会社員以外にもフリーランス(自営業)という道だってあるのです。
そもそも日本人はほとんどの人が会社員を選んでいますが、会社員に向いていない人もたくさんいるのですよね。

>>日本人の4割は会社員に向いていない記事を見る

特に日本は学歴社会。
高学歴じゃないと特に会社員は入れる会社はかなり限られる。

低学歴ならより自由度が高いフリーランスを選ぶ方が貧乏から抜け出せる確率は高いと思いません?

僕もほぼ高卒の低学歴ですが、フリーランスに転向してからは会社員時代よりも短い時間で会社員時代以上の年収を稼げるようになりましたから。

もちろん、誰でも向いているというわけではありませんが試しみる価値はあります。

バイトをやりながら、または今の仕事をしながら副業や週末起業を行ってみるという手もありますから。

>>週末起業でフリーランスの可能性を試す記事を見る

 

結論

貧乏嫌なら仕事をがんばる前に仕事選びをがんばる

また、会社員以外にもフリーランス(自営業)の道もあるということを忘れてはいけない。

以上、『貧乏嫌なら仕事をがんばろう!…ではダメ』でした。