読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スヤマタクジの社会ブログ

社会・人生・仕事がテーマの動画付きブログ

地方の個人と街を今より圧倒的に活性化&個性化する方法

f:id:suyamatakuji:20170418100324p:plain

早く東京一極集中の時代は終わって欲しいと思うスヤマタクジです。
今回は地方の街や個人を活性化&個性化する方法について。

動画解説:地方の個人と街を今より活性化&個性化する方法(約5分半)

地方の個人と街を活性化&個性化する方法

それは、

地方に権限と財源を与えて地方分権する

こと。

アメリカなどがすでにやっていることですね。

これだけで十分です。

権限と財源を与えてあとは自由にさせておくだけで勝手に競争を始めてそれぞれの個性を出してきますから。

 

東京一極集中はもはや限界

もうね、昭和じゃないんですからいつまで過去の成功体験を続けるのか。

これだけ個人の考え方やライフスタイルが多様化してきた時代に1つの場所から1億人以上の人の生活を満足させることはできないでしょう。

高度成長期はそれで通用していたかもしれませんが、もはや昭和は終わっているのですから。

やり方も変えるのが当たり前。

地方に権限と財源を与え、より細かい政治をやっていく時代

でしょう。

そして、どこの街並もたいして変わらないからより綺麗で人が多い東京に人が集まっていく。

昔より減ったとはいえ、まだまだ地方から東京に出たがる人は多いですからね。

そして、人が集まり過ぎて保育園の待機児童問題なども起きています(地方ではほぼない)

 

守っていても地方はまともに育たない

また、国が全部決めて何かあっても守ってばかりじゃ地方だっていつまで経っても育たないのですよ。

今の地方は過保護の親(国)の元に育った子供みたいなものですね。
子供は甘やかすのではく、しっかりと社会に出して自立させないと。

そのためにもまずは地方に自由を与えるべき。

 

地方に自由を与えると競争が始まる

そりゃそうですよね。

財源も自分達でどうにかしないといけないので、まずはお金をどうにかしないといけませんから。

赤字の財源の地方などは必死に動いてくるでしょう。

で、どこの地方も最初のライバルになるのが東京でしょう。

多少の差はあっても、どこの地方も毎年のように若者を中心に人口が奪われているわけですから。

ストップ東京!のためにも色々な地方に人を集める政策を行ってくるはず。

 

例えばこんな政策はどうでしょう?

とりあえず、現実的にできるできないの難しい話は置いといて、思い付く政策をいくつか挙げてみます。

まずは、

健康保険料一切なし

とかどうでしょう。

保険料を払わないので当然病院に行く場合は100%自己負担となります。

が、若者を中心にこっちがイイという人も多いでしょう。
なので、これを行えば若者を中心に人を集めることができます。

逆に、老人が住みやすい街というのもアリ。

他には、働き方に力を入れるというもいいですね。

在宅ワーク当たり前、希望する女性の就業率100%

とか。

あとは教育もおもしろそうですね。

うちはITに力を入れるとか、いやいやAI・ロボットが普及するこれからの世の中は逆に人間ならではのコミュニケーションだ!とか。

単純に街並を個性的にするのだって武器になります。

 

同じ日本でも違う国のような地方が理想的

秩序さえ守ればあとは自由。

そんな風にすれば、それぞれが競争を勝ち抜くために自然と個性的になっていきます。

そして、

自分の住んでいる街が気に入らなかったり新たなに気になる街が出てくれば引っ越せばいい

こうなれば、東京一極集中の時代は終わり、街や人も今より圧倒的に活性化&個性化するでしょう。

自分の考えや人生に合わせて次々と住む場所を変えていくこともできる。

こんな日本なれば僕なんかはかなりワクワクしますね。

 

結論

人の考えやライフスタイルが多様化してきた時代だからこそ、地方ごとにもっと多様化するべき

以上、『地方の個人と街を今より圧倒的に活性化&個性化する方法』でした。