読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スヤマタクジ社会編

社会・人生・仕事がテーマの動画付きブログ

YouTubeの自動字幕翻訳で広がる日本動画の大チャンス

IT関連コラム IT関連コラム-YouTube・動画ノウハウ

f:id:suyamatakuji:20170308101033p:plain

公開したYouTube動画も40を超えたスヤマタクジです。
今回はそんなYouTube動画の大きな可能性について。

動画解説:YouTubeの自動字幕翻訳で広がる日本動画の大チャンス(約6分)

YouTubeには字幕による自動翻訳機能がある

僕も最近知ったばかりなのですがYouTubeって字幕による自動翻訳機能があるのですよ。

使い方は簡単で視聴している動画の設定(画面下の歯車みたいなアイコン)で字幕機能をオンにするだけ。

f:id:suyamatakuji:20170308101837j:plain

するとこんな風に喋った内容の字幕が出てきます。

YouTube視聴環境を日本語に設定しているのでこれは日本語で出ていますが、英語の人なら英語、フランス語の人ならフランス語で出てきます。

ただし、動画配信者が字幕による自動翻訳機能を利用できるようにしていないとできません(NGにしていたら設定に字幕の項目が出てこない)

 

字幕による自動翻訳で世界中に広がる可能性が劇的アップ

このYouTubeの機能により、

日本の動画が世界中に広がるチャンスが劇的にアップ!

もちろん、条件はどの国も同じなのですが、日本語は世界でも屈指の難しさ&使っている国が日本だけという問題がある。

例えば、母国語が英語という国はたくさんありますよね。
英語でアップすればそれだけで複数の国に見てもらえるチャンスがある。

が、日本語の場合、見てくれるのはほぼ日本人のみ。
これが字幕による自動翻訳機能が搭載されたことで特に日本人に大きなチャンスが生まれたというわけです。

 

日本のユーチューバーがいきなり世界で大ヒット

言葉の問題がなくなれば、いきなりこういったことが起こるチャンスも十分にある。

上でも書いた通り、今までは日本語という大きな壁がありましたからね~。

これがなくなるとことで劇的に世界に日本の動画が広まる。
さらに、日本に興味を持っている外国人も多い。

食べ物・アニメ・漫画・文化・Jリーグなど、すでに世界で人気を集めている日本コンテンツはたくさんありますから。

こういったコンテンツの紹介動画が外国でもヒットする可能性は十分にあります。

 

ただし、翻訳機能はまだまだ問題あり

とはいえ、YouTubeの自動字幕翻訳の機能はまだまだ。

上で紹介した動画では『タイガース戦に出てしまった』と翻訳されていますが、僕は一言もそんなことは言っていませんから(笑)

今はまだAIの学習期間です。

しかし、安心してください。

近い将来この翻訳精度も上がってきます。
なぜなら、自動翻訳に大切な『ディープラーニング(機械学習)』がかなり進化してきているから。

そして、YouTubeの親会社はあのGoogle。
GoogleのAIへの力の入れ方を考えると、字幕の精度が上がると動画はYouTube一強となる可能性も。

ニコニコ動画など他のサービスは大ピンチですね。

 

ブログ以上に可能性が大きいYouTube

今まで日本で自己発信&ビジネスをするならブログが一番お手軽で効果もありました。

無料で利用できて、さらに動画よりもハードルが低く簡単にアップできますから。

もちろん、YouTubeなどの動画も無料で利用できるし、自己発信を行うには効果的なツール。

しかし、ブログよりも動画の方が撮るのが大変だし、顔や声を出したくないという人は日本では特に多い(やり方次第では出す必要はありませんが)

そのためか、

ブロガー(アフィリエイターを含む)約400万人に対し、ユーチューバーは100万人もいないのでは?

日本の国民性の影響か、ブロガーと比べるとユーチューバーはかなり少ない。

自動字幕翻訳機能の精度が上がれば、日本の動画はもちろんブログも世界中に広まります。

そして、それが世界にウケれば一気に需要アップ。
そんな時に圧倒的にライバルが少ないのが動画の方ですから。

自己発信&ビジネスをするならこれからは動画の方が圧倒的に有利。

可能であれば両方絡めるのが一番ですね。
僕もすでに行なっています。

>>これからはブログ×動画が主流になるの記事を見る

 

結論

YouTubeの自動字幕翻訳により日本の動画が世界に広まるチャンスは劇的にアップするのは間違いなし!

これからは自己発信&ビジネスを行うならブログだけでなく、動画もやっておいて方が後で圧倒的に有利になる。

以上、『YouTubeの自動字幕翻訳で広がる日本動画の大チャンス』でした。

ではではまた。