スヤマタクジの社会ブログ

社会・人生・仕事がテーマの動画解説付きブログ

これからは【逆・アリとキリギリス】の世界が加速していく

f:id:suyamatakuji:20170417101609p:plain

子供の頃はひたすらキリギリスのように遊んで暮らしたいと思っていたスヤマタクジです。
今回はアリとキリギリスから見るこれからの働き方のお話。

動画解説:これからの時代は【逆・アリとキリギリス】の世界が加速していく(約7分)

アリとキリギリスの話や教訓とは?

f:id:suyamatakuji:20170417101946j:plain

アリとキリギリスとは、アリたちは夏の間に冬の食料を蓄えるためにコツコツと働き続け、キリギリスはそんなことはお構いなしにバイオリンを弾き歌って過ごす。

結果、キリギリスは冬になって食べ物に困り、アリたちに食料をわけて助けてもらうというお話です。

とはいえ、これは後ほど改変された話で初期バージョンでは、

夏には歌っていたんだから、冬には踊ったらどうだい?

と、アリたちは食料を分けることを拒否し、キリギリスは飢え死んでしまうというなかなかに世知辛い話となっています(汗)

アリとキリギリスの教訓は、アリのようにコツコツと働くのが美徳され、キリギリスのように遊んでいるような人はダメな奴(特に日本では)

といった感じでしょうか。

キリギリス派の僕としては、このアリとキリギリスの話はあまり好きではないのですね。

 

アリの時代は終わりに近づいた

が、ついに僕のようなキリギリス派の人が勝利する時代がやってきそうです(笑)

その最大の要因は、

AI(人工知能)やロボットが社会の仕事を代替えする時代がやってきた!

から。

とはいえ、これは別に驚くことではなく、すでに工場などの一部のところでは機械が人間の仕事を代替えしていますからね。

そこにAIやロボットも本格参入することでさらにその仕事の種類が爆発的に増えるということです。

特に2012年にそれまでとは全く違うAIをGoogleが開発したことにより、現在進行でAIは爆発的に進化しています。

2013年にオックスフォード大学が発表した推計では、

日本の仕事の49%(国によって若干数字が違う)がロボットや人工知能に代替えされる

とのこと。

 

これからはコツコツ働くだけの人は淘汰されていく

具体的にAIやロボットが代替えする仕事としては、

工場作業員・一般事務員・組立工・運転手全般・レジ係・配達員

など。

大きく言うと、別に人間がする必要がない仕事ですね。

こういった仕事はどんなに真面目にコツコツと働いていたとしても、コストが安いAIやロボットには敵いません。

なんだかんだ言っても、会社で一番かかるコストは人件費ですからね。

 

これから活躍するのは働けるキリギリス

これからの社会で活躍するのはキリギリスのような人!・・・と言いたいところですが、

さすがに働かないで遊んでばかりいたら生活できませんからね(笑)

なので、これからの社会で活躍するのはキリギリスのような遊び心を持って働ける人ですね。

>>遊び感覚で働ける人の方が100倍お得の記事を見る

というか、今でもそういった人達はいます。

例えば、キリギリスは歌ってばかりいましたが、歌が好きでそれを仕事にしている歌手なんかもいますからね。

他にもサッカーや野球が好きでプロになっている人なども。

今まではこれはごく一部の人しか出来なかった生き方ですが、これからは誰でもチャンスがある社会になっていくというわけです。

 

遊びを仕事にしている人がどんどん増えている

実際に歌手・芸能人・プロスポーツ選手以外にも好きなことや遊びに仕事をしている人はどんどん増えています。

その最大の要因はインターネットの登場。

これにより、そういった活動をより多くの人に知ってもらうチャンスが爆発的に増えましたから。

ブログ・動画・SNSを利用すれば、無料で世界に向けて発信できる世の中ですから。

僕もそうですが、すでにブロガーやユーチューバーといった今までにない働き方をしている人はたくさんいます。

また、好きなことを発信し続けてそれが仕事に繋がっている人も。

僕が知っているだけでも、

コンビニアイス・プリキュア・人狼ゲームなどが仕事に繋がったケースもあります。

 

キリギリス+アリがこれからは最強

今までは好きでもない仕事をコツコツとやり続けることで評価されましたが、

これからはそれだけではダメ!

これからはそれにプラスして情熱が必要となってくる時代。

で、情熱を持って取り組むには好きなことをする必要があるというわけです。

好きでもないことに情熱は注げませんからね。

なので、これからはアリよりもまずはキリギリスの遊び心が大事になってくる。

とはいえ、遊び心だけではビジネスに繋げられないので、自分の活動をコツコツと発信し続けるアリの精神も必要。

なので、『逆・アリとキリギリス』というよりもアリとキリギリスの精神を合わせる『新・アリとキリギリス』といった方が正しいでしょうね。

 

結論

これからはキリギリスの遊び心とアリの勤勉さのどちらも必要な時代

以上、『これからは【逆・アリとキリギリス】の世界が加速していく』でした。