読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スヤマタクジ社会編

社会・人生・仕事がテーマの動画付きブログ

認められたいという気持ちが強過ぎると潰れるか暴走する

コミュニケーション コミュニケーション-人間関係コラム

f:id:suyamatakuji:20170307102641p:plain

うまくいかないときは認められたいという気持ちが強くなるスヤマタクジです。
今回はそんな承認欲求とうまく付き合う方法のお話。

動画解説:認められたいという気持ちが強過ぎると潰れるか暴走する(約4分)

認められたいという気持ちは誰の心にもある魔物

認められたい。

仕事・事業・人間関係・恋愛などなど、いろいろなところで顔を出すこの感情。

この認められたいという承認欲求は誰の心にもある魔物的な存在です。

この感情の厄介なところは憑りつかれると自分を潰す、もしくは暴走させてしまうという点。

だからこそ、魔物なのです。
この魔物とうまく付き合えるかどうかで人生の展開は大きく変わってきます。

 

認めれたいとうまく付き合う方法

これは自分の好きなことをトコトンやることですね。

何もしなくても認められたいという承認欲求は湧き上がってきます。

これをうまくコントロールするためにはそれを原動力にして前に進むこと。

が、好きでもないことでそんなことをしたいと思わない、またはやってみてもすぐに挫折してしまいます。

だからこそ、好きなことをトコトンやってそのエネルギーを有効活用するのが大事。

人間、嫌いなことより好きなことの方が自然とがんばれるものですから。

常に好きなことで成功したことを想像しましょう。

それが認められたいという承認欲求をコントロールする大きな武器となります。

 

挑戦し始めが一番心が折れやすい

どんなことでも始めたてが一番シンドイ時期。
とにかく周りから全然認められませんからね。

例えば、僕が自己表見・自分のビジネスを確立するためにおすすめしているブログやYouTubeなどの動画。

これらは世界中の多くの人にお金をかけずにアピールできるというメリットがあります。

しかし、強制力がなく、初期の頃は全然ファンもおらず心が折れやすい。
そのため始めても3ヶ月ぐらいでやめてしまう人が非常に多いですから。

ここの時期が耐えられるかどうかが人生のターニングポイントとなります。

 

認められたいという気持ちに憑りつかれないために

承認欲求に憑りつかれてしまうと非常に厄介。

他の人を攻撃するか、結果が出ても常に満足できない状態に陥ってしまいます。

ネット上で他人を叩く人はこの典型ですね。
こんな人は好きなことに挑戦するなどして、そのエネルギーを他に向かわせない限りずっとこの状態が続きます。

好きなことに挑戦して成功しても満足できない人は人間関係がキーポイントになるんじゃないかなと思います(ネット上ではなくリアルでの)

そこに問題を抱えている人が多い印象があるので。
人間関係を改善しない限り、どんなに成功してもその飢えは満たされることはないでしょう。

 

結論

認められたいという承認欲求は誰でも抱える感情。
放っておくと暴走する危険もある。

それなら、

無視せずにしっかりと向き合っていくことが重要

以上、『認められたいという気持ちが強過ぎると潰れるか暴走する』でした。

ではではまた。